会員登録について

会員ログイン

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

  • 中国向けLCC-SIM
  • 料金体系
  • SIM販売
  • インターネット設定
  • 韓国向けLCC-SIM
  • 料金体系
  • SIM販売
  • インターネット設定
  • リチャージ/残高照会
  • 法人契約
  • 海外渡航持ち物チェックリスト
  • 海外旅行お役立ちアプリ
  • 白ロム・中古携帯のエイヤー
  • 携帯買取のエイヤー
  • エイヤーメディア本店
  • エイヤー楽天市場
  • エイヤーメディアYahoo!店
  • Touch by eiYAAA
  • プライバシーマーク取得事業者
  • 一般社団法人モバイル機器3R協会

カレンダー

2017年4月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2017年5月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※赤字は休業日です

SIMについて

携帯電話に挿すだけで簡単に使える!圧倒的な料金の安さ

SIMカード(シムカード、Subscriber Identity Module Card)とは、GSMやW-CDMAなどの方式の携帯電話で使われている電話番号を特定するための固有のID番号が記録されたICカードです。

SIMカードには、IMSI(International Mobile Subscriber Identity)と呼ばれる固有の番号が付与されており、これと電話番号を結びつけることにより通信を可能とします。

SIMカードを抜き差しすることで、電話番号を他の携帯電話機に移したり、ひとつの携帯電話端末で複数の電話番号を切替えて使用したりすることができます。

中国SIM販売ページへ
韓国SIM販売ページへ

SIMカードは頻繁に抜き差しすることを想定したものではないので、抜き差しの前に確実にSIMカードの電源を切り、電話端末の電源をオフにする必要があります。そのため、多くの電話端末では、電池を取り外さないとSIMカードの抜き差しができないような構造になっています。

日本国内で入手できるSIMカードは通常キャリア(通信会社)からの貸与であり、解約の際には返却しなければいけません。ただし、プリペイドSIMカードの場合は、最終使用時から一定期間(半年程度が多い)の後に失効して発信も着信も出来なくなるため、解約手続きは不要です。
※ソフトバンクモバイルのプリモバイルの場合、残高有効期限切れから360日以内にリチャージを行わない場合は、自動解約扱いとなります。

SIMカードは、他の一般的なICカードと同じく、クレジットカードサイズで提供されます。これは、昔の自動車電話などのSIMカードソケットだったことの名残です。現在は小型化され、ICチップの部分だけを切り離して使うようになっています。